相手に見えていなくても自分に見えている

オナ電は相手に姿が見えません。
そして自宅で行う事が多いために、家着のままプレイをするという人もいるかもしれません。
ですがちょっと待って下さい。

相手に見えていなくても自分自身に見えていますよね。
そのため、気持ち的に盛り上がるように、エッチな格好でオナ電をするべきだと言えるでしょう。

女性の場合であれば、スッピンで家着で下着も気合が入っていないものの状態でもオナ電をする事が可能です。
ですがキチンとメイクをして可愛い洋服に着替えて、下着も勝負下着を身に着けている方が気持ちが入りやすいと言えます。

想像力で補えると言いましたが、リアリティを追求する事も重要だと言えます。
例えば相手から「今どんな格好しているの?」と聞かれた時に、嘘をつくよりも、本当の事を言った方がリアリティがありますし、褒められた時に嬉しいと感じる気持ちも本物になります。

それにオナ電の場合、自分の姿を鏡に映してする事もオススメです。
自分の恥ずかしい姿を客観的に見て、それを言葉にして相手に伝えるわけです。

男性の場合も、無精ひげを剃っていない状態で、さっきまで寝ていたからパジャマのままという状態よりも、デートの状態の方が相手とデートをしていて自分の部屋でセックスをするところとイメージしやすいと言えます。
見えないからといって油断せず、見えない部分もちゃんとする事で、よりオナ電を楽しむ事が出来るでしょう。

異性との会話に慣れておこう

オナ電は、電話を使うセックスなのでその過程で会話をする機会は決して少なくありません。
ですがオナ電には興味があるけれど、異性との会話は苦手だという人もいるでしょう。
ではどうすればいいのかと言えば、とにかく慣れるしかありません。

例えば職場で雑談でいいので、異性との会話を増やすように努力してみて下さい。
またオナ電でも、最初から上手に会話をしようと思わずに練習のつもりで会話をして下さい。

最初は何を話したらいいのか分からずに、沈黙が続いて気まずい思いをしたり、逆に焦ったあまりに一方的に相手が全く興味がない自分の趣味の話を延々としてしまい、退屈されるなど失敗をする事もあるかもしれません。
ですが失敗を重ねながらも、徐々に女性が好む会話の傾向が分かってきますし、Aさんとの会話で教えてもらった内容をBさんと話すという具合に、会話の糸口が見つかるはずです。

苦手意識があって最初は異性との会話というだけで緊張していたとしても、何人、何十人と会話をしていけば、徐々に緊張せずに話せるようになるでしょう。そして会話だけでなく、オナ電においても同じ事が言えます。

オナ電も慣れる事が必要です。
最初は手順もマナーも何も分かっていないかもしれません。
ですが何人も相手をしていけば、徐々に慣れていてどうすればいいのかコツが掴めてくるはずです。
そうすれば自然と異性との会話もオナ電も上達し、楽しめるようになっているでしょう。

オナ電で理想の相手を作れる

オナ電なら理想の相手を作る事が出来ます。
理想の相手が見つかるなら話は分かりますが、作れるって何?と思う人もいるかもしれません。

ですがオナ電の相手とは、姿をみる事が出来ません。
そのためその人がどういう人なのか理解する事は出来ないのです。
でもその分想像で補う事が可能です。

なので自分の理想のタイプに当てはめてしまえばいいのです。
よくオナ電では、設定を決めてプレイを行います。
医者とナース、教師と生徒などどんな設定でも可能です。

性格はさすがに決める事が出来ないだろうと思うかもしれません。
ですがキャラクター付けをする事だって可能です。
例えば医者でSっ気のあるキャラクターが好きで、意地悪な言葉攻めをして欲しい。
そんなふうにオナ電の相手に頼んでおくわけです。

言われたいセリフなどを事前にメールで伝えておいてもいいかもしれませんね。
そうすれば、あくまで演じているだけですが、そのプレイをしている時に限定すれば、あなたの理想の相手がいると言えるでしょう、
ある意味恋愛シュミレーションゲームに似ている部分があるのかもしれません。

ですが恋愛シュミレーションゲームは女性が好む設定で作られていますが、100%自分の好みに合うとは限りません。
オナ電なら自分の好みに合うように、相手にお願いしているので100%自分の好みに合う展開が繰り広げられるという訳です。

一人で妄想するよりは、自分ではない誰かに演じてもらった方が、より楽しむ事が出来るはずです。
もちろん自分の意見ばかり押し付けずに、ギブ&テイクな関係なので、相手のして欲しい事にも協力してあげて下さい。