テレフォンセックスの語源について

テレフォンセックスとは、電話で音や声を使ってセックスをする行為です。
自分で触るという点では自慰行為と大差はないのですが、1人では出来ない、相手の反応によって自分の反応も変わってくるという点では立派にセックスの一種に含まれるのではないでしょうか?

テレフォンセックスの語源は、テレフォンとセックスのそれぞれの言葉を組み合わせたものです。
セックスの語源は、分けるという意味の言葉が語源になったとされています。
現代人の考え方では、セックスという言葉から分けるという言葉は連想されませんよね。

ですが神話の中で、もともと人間は男女で1人の存在でした。
ですが神様を怒らせてしまい、男女が別々の2人の人間に分けられてしまったのです。

そのため1人では寂しくて生きていく事が出来ないので、自分の半身ともう1度1つに戻るための手段としてセックスを行うという訳です。
運命の赤い糸のように、世の中には自分の半身がいると考えるのはロマンチックな考え方ですよね。
そう考えると、運命の相手とセックスをする事が出来たら、その時は普段のセックスとの違いを何か感じる事が出来るのでしょうか?

オナ電にかかるお金

セックスをするには何かとお金がかかります。
風俗であれば、エッチなサービスに対価が発生しますし、恋人とのセックスは何かと交際費がかかります。
セフレとのセックスは無料ですが、ホテル代は男性側の負担となります。
それでもセフレは数千円程度でセックスが出来るので、かなり安くコスパがいいと言われています。

ではオナ電の場合は、何にお金がかかるのでしょうか?
まず相手を探すのは、基本的に出会い系サイトで探す事になります。
なので有料サイトを利用すれば、サイトの利用料が発生します。

ですが女性の警戒心が少なく、気軽に利用出来るオナ電に限って言えば、有料サイトに拘らず、無料サイトでも十分に相手を探す事が出来ると言えるでしょう。

後は通話料ですが、これは携帯やスマホのサービス内容によって料金が異なります。
かけ放題のプランであれば、オナ電に関して料金負担が発生しません。
また同じ携帯会社同士であれば、通話無料になるプランもあります。

あとは、携帯やスマホで電話をするのではなく、IPやスカイプなどを利用する事で通話料を無料にする事も可能です。
なのでサイトも通話料も無料を選べば、オナ電とのセックスは全て無料で行う事が出来ると言えます。

オナ電のメリットについて

オナ電のメリットは、利便性と安全性だと言えるでしょう。
自宅にいながら行う事が出来、しかもオナ電なら匿名性が守られるため安全です。
だから女性の警戒心も弱く、比較的すぐに相手を探す事が可能です。

しかも相手の顔や身体が見えないからこそ、自分の好みの顔や身体をイメージする事が出来ます。
極端な話、相手は声だけの相手なので、容姿が自分の好みではなく、年齢も自分のストレートゾーンから外れていたとしても声に色気があり可愛かったら、何も問題はない訳です。

ただ年齢に関しては、声はいつまでも若々しい人はいるでしょう。
ですが話の内容によって、ジェネレーションギャップは感じるかもしれませんし、言葉選びのセンスも年代によって異なります。

安全性という意味では匿名性である事もそうですが、セフレだと不特定多数の相手とセックスをするため性病に感染するリスクがあります。また出会う前に悪質サイトやサクラの被害に合う可能性もあります。
ですがオナ電ノ相手を探すのには、時間をかけず行うためサクラは稼ぎにくい環境なので、ほとんどいません。
そういう意味でも安全性は高いと言えるでしょう。